日本アムウェイ 第6回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラム 次世代を担う両国のリーダーが日米関係について意見交換

日本アムウェイ(本社東京、マーク・バイダーウィーデン社長)は13年12月26日、同社が協賛する「第6回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラム(13年12月1〜8日)」の8日間の日程を予定通り終了したことを発表した。
今回は、国会議員政策秘書や報道関係者の合計7人が参加し、日米の相互理解を深めた。

ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラムは、ジョージタウン大学が特別企画したエグゼクティブ教育プログラムで、ジョージタウン大学教授陣や政府、民間機関の実務経験者が授業を提供し、ワシントンDCおよびミシガン州グランドラピッズでの実地研修・企業訪問を実施した。

(続きは、月刊ネットワークビジネス2014年3月号 でご覧ください)


ライン
現代ネットワークビジネス唯一の成功法
ライン


↓お役にたてましたら、こちらもお願いします。↓


a:217 t:5 y:1

コメント


認証コード8720

コメントは管理者の承認後に表示されます。